ブックメーカーの基本知識と準備について

競馬

ブックメーカーは公営ギャンブルと比べると、その予想の対象が広い点に特徴があります。公営ならば、基本的には自己の開催する試合やレースにのみ賭けることができます。その点ブックメーカーは、自己と運営主体には関係がないため、あらゆるスポーツを対象とすることが可能になっています。

その点に、他のギャンブルにはない魅力を感じることができます。このブックメーカーに参加するためには、まずは登録を行わなければなりません。大手の老舗サイトは、日本語に対応しているため、作りやすいのでおすすめです。登録自体は無料ですので、複数に登録するのも良いでしょう。

ただし、登録の際には犯罪に使われないように、身分証で現住所の確認が行われます。そのため、あらかじめ準備しておきましょう。身分証は、写真にとってデータとして送信する方法で提出します。登録されたデータと一致すると判断されれば、後は利用を開始することができます。わからない時も、日本語対応であれば聞くことができるため、とても便利です。

ブックメーカーの出金方法について

海外で大人気のブックメーカーをギャンブルなので、その遊び方には注意が必要です。初心者がまず気をつけないといけないことは出金方法です。

お金

この出金方法を間違えてしまうと、獲得した賞金を引き出せなくなってしまうので注意しましょう。分けてあってブックメーカーで利用する口座は国内では作成できません。なので基本的に海外で口座の作成が必要です。

海外で口座を再生するため、その出金方法はちょっと違います。まず用意するのは本人確認書類です。この書類をネット上にアップロードして認証を受けます。口座作成時に登録した個人情報と、アップロードして情報が一致すれば、お金を下ろすことができます。しかし、不一致の場合は再提出か再登録が必要です。

口座の作成時に登録するデータは間違えないように入力しましょう。情報が一致すれば、お金を下ろすことができます。ブックメーカーで獲得する金額は相当なものです。それを下ろせないのは非常に厄介なので注意しましょう。

ビットコイン決済が増加

ビットコイン

ブックメーカーの送金で便利だったNETELLER(ネッテラー)が使えなくなりました。NETELLERの代わりの決済手段として、iWallet(アイウオレット)やecoPayz(エコペイズ)があります。

また、ビットコインの相場が上昇するとともに、ビットコインに対応するブックメーカー会社が増えています。ビットコインを保有しているなら、ブックメーカーに登録すればすぐにBETすることが可能です。

ビットコインを保有していない場合は、iWalletやecoPayzで口座開設するか、ビットコインを購入してください。早く始めたい場合は、ビットコインがおすすめです。ビットコインは、bitFlyer(ビットフライヤー)やcoincheck(コインチェック)といった取引所で購入が可能です。アカウント登録すれば、すぐに購入できます。

支払方法は口座送金とクレジットカードがあります。ブックメーカー会社にクレジットカードで支払おうとしてエラーになった場合は、クレジットカードでビットコインを購入後、ビットコインでブックメーカーに入出金するのがいいでしょう。手数料は口座開設よりもビットコインの方が安く済みます。

データ